スマホ修理の注意点!修理に出す前にやるべきこととは


データのバックアップをとる

修理する時に必ずやらなければならないのが、データのバックアップをとるということです。正規店で修理する場合、端末のデータが初期化されてしまう場合があります。また、非正規店であっても、修理の過程でデータが変化したり、データが消えてしまったりする可能性もあります。写真や動画、連絡先などはしっかりとバックアップをし、不安がない状態で修理に出しましょう。

ただ、スマホが故障した際に電源が入らなくなったり、画面が割れたり、スマホのタッチパネルが反応しなくなったりするとバックアップをとるのが難しくなります。そのため、スマホが正常な時でも、こうした不慮の事態に備え日頃からバックアップをとると安心です。

ログインのIDやパスワードをメモしておく

スマホのパスワードを忘れてしまうと、スマホの修理が完了しても、スマホを使用することができなくなってしまいます。また、修理後の操作確認のために、業者から画面ロックのパスワードを聞かれる可能性もあります。もしデータやアプリが消えてしまった場合は、再インストールする時にパスワードが必要になるでしょう。修理が完了した後やデータが消えてしまった時に備え、各SNSのログインID、パスワードはメモしておくことが大切です。

修理期間をしっかり確認

修理にかかる日数は、お店によってバラツキがあります。非正規店の場合は、データの初期化を行わないので即日で修理が完了する場合がありますが、正規店の場合は一週間以上かかることもあるでしょう。スマホは一日使えないだけでも非常に不便。修理に時間がかかる場合は代替え機が借りられる場合もあります。修理する時は修理期間を確認し、それに応じて色々と対処していきましょう。

スマホ修理の梅田では基本的となる液晶画面の修理はもちろん、スピーカーの故障や水没からのデータ復旧に至るまで、幅広い修理に対応しています。携帯電話以外にも故障内容によってはゲーム機の修理も可能です。